眠れない日々をルネスタで改善しよう|睡眠薬通販のススメ   >   眠れなくなる原因って?

眠れなくなる原因って?

クエスチョンマークと虫眼鏡

「なんだか眠りが浅い気がする」「夜中に何度も目が覚めてしまう」という悩みは、睡眠障害の可能性を示しています。不眠の症状には原因があり、症状を改善させるには原因をしっかりと突き止めなければいけません。

若年層に多い不眠の原因としては、生活リズムの乱れが挙げられます。夜遅くまで起きてスマホやパソコンを使用していたりすると、体内時計が狂ってしまい、決まった時間に眠気が来なくなるのです。
30代頃から高齢層になると、精神的なストレスや疲労によって眠れなくなる人が増加します。ストレスは自律神経を乱し、夜になれば自然にリラックスするはずの脳や体が覚醒状態になります。すると床に入っても目が冴えてしまい、なかなか寝つけません。

不眠の状態が続くと更にストレスや疲労が蓄積されていくため、症状はどんどん深刻化していきます。慢性的な睡眠不足になるため体力や免疫力の低下も避けられないでしょう。

医療機関ではしっかり睡眠を取るための治療が行われます。睡眠障害の症状によって異なりますが、ほとんどの場合ルネスタなどの睡眠薬を処方されます。カウンセリングにより心と体のバランスを取り戻す治療も珍しくありません。治療法は様々なので、不眠が続くようであれば医療機関の受診を検討しましょう。
現在では通販を利用して海外から睡眠薬を購入することも可能なので、睡眠障害をしっかり改善させたいなら睡眠薬について調べてみることが最適です。

しかし睡眠薬の服用が逆効果になる疾患も考えられます。睡眠時無呼吸症候群という疾患は、その名の通り睡眠時に呼吸が止まり、長ければ数分間も無呼吸状態が続くという症状が現れます。この場合睡眠薬の服用が危険になる可能性が高いので、専門的な治療を受けることが大切です。